切り替えによるデメリットが減ることもあるauひかり

ネット回線の切り替えのデメリットは、プロバイダ切り替えでプロバイダのメールアドレスが使用することが出来なくなることです。

 

ネット通販やさまざまな登録に使用されることも多く、家族単位での切り替えとなると面倒なことが多く、ネックとなる部分になります。これによりプロバイダの切り替えはしにくいもので、利点があってもメールアドレス変更を伝えたりすることもあって家族には不評ということもあります。

 

しかしauひかりはniftyなど提携プロバイダがあるので、そこから切り替える時にはメールアドレスを変えることなくプロバイダの切り替えができます。

 

ネットと固定電話、auスマホで期間限定や永年の使用料の割引があります。auひかりにはプロバイダをau one netであればWALLETポイントも貯められて、料金の支払いも可能なためにauひかりにする事でauスマホ契約とポイントの二つで割引を実現ができます。

 

複雑そうに見えても契約の最初にしておけばいいことですので、メリットを忘れずにできることが良い点です。それでもマンションによってはauひかりが利用が出来ない所があったり、一戸建てにしてもマンションにしても提供エリアの有無を申し込み段階で確認が必要です。

 

また、一戸建ての時とマンションの時では申し込みしてから利用開始まで差がありますので、使えるようになるまでの日時調整などもしておく必要があります。

今まで使っていたプロバイダによってはメールアドレスを変えずに利用できたり、割引やポイントも貯めることが可能なものもあるので良いものになっています。