ゲーミングノートPCのデメリットとは!

3Dゲームも可能なゲーミングノートパソコン

 

ノートパソコンでも、ドラクエ10やFF14などのMMORPGを十分楽しむことができます。

ドラクエ10やFF14などの3Dゲームを遊ぶためには、高性能のグラフィック性能が求められます。

そのため、パソコンの頭脳とも言えるCPUや、データを保管するメモリ、綺麗な画像を表示するためのグラフィックカードの性能が、ある一定の基準に達しているものを選べば、十分にノートパソコンでもゲームをすることができます。

 

ゲームの公式サイトには、必要最低限のスペックが記載されていますが、それよりも低いスペックでも十分遊べることが多いです。

ですが、スペックが基準を満たしていないと、ラグが発生するなどスムーズにゲームを楽しむことができないことがあるので注意が必要です。

 

最近では、パソコン専門店などでゲーミングパソコンとして、あらかじめ必要な性能が搭載されたノートパソコンが販売されています。

パソコンに詳しくない初心者の方でも購入しやすい商品となっています。

 

しかし、いくつかデメリットがあります。

ノートパソコンは移動しやすいコンパクトなタイプであるがため、思った以上に発熱します。

長時間遊ぶことが多いオンラインゲームなどでは、発熱対策をしっかりして遊ぶことが必要となります。

夏場はクーラーをガンガンきかせた部屋で遊ぶことをオススメします。

 

また、ノートパソコンは、デスクトップなどのように拡張性がありません。

デスクトップ型は最新のパーツをのみを購入して手軽に搭載することができるので、どんどん高性能にさせることができます。

ですが、ノートパソコンはそれができないので、高性能を求めた場合、買い替えることになります。

 

また、1つのパーツが故障した場合すべてを修理に出す必要があるので、個別に修理に出せるデスクトップ型に比べ、修理代も高くつきます。