テレビで使用できるスティックPCと必要なもの

スティックPCは小型でケーブルなく繋ぐことが出来るので、テレビにそのまま入れて使うことが出来ます。メリットとしては本体を手のひらで隠すことが出来るくらい小さいので、移動は容易にすることが出来、部屋間移動にも簡単に対応することが出来ます。

 

スティックPCを使うには、テレビやディスプレイが必要なのですが、そこにある入力端子が重要となります。多くの場合でHDMIに繋ぐことが出来るために、デジタルテレビなどにHDMI端子が付いているか、変換させるケーブルなどがあるなどの環境がまず繋げるために必要になってきているのです。

 

そして起動させるためには電源が必要となるので、コンセントなどが必要になるので、近くに置いてあると良いでしょう。さらに操作をするためにキーボードやマウスが必要となりますので、各場所に用意しておくかコンパクトのものを使用するかしなくてはいけません。

 

オフラインでも使用が出来、PCはネットに繋いでこそという部分があるのですが、そういった場合でも無線などで繋ぐことが出来るので、環境を揃えておくことでネットにも繋ぐことが出来るのです。

 

しかし注意点としてはゲームはスペックを必要とするものもあるために、高度なスペックを要求するものは出来ないこともあります。そのために用途などは事前にチェックしてから使用すると良いのです。スティックPCは移動が簡単に出来るので、使用用途によっては便利にPCを使用することが出来ます。

スティックPCはサブ機として最適

パソコンは大変便利なツールであり、同時に現代社会において必須のツールであります。しかしながら、一台のパソコンで全ての作業を行うとなると、さすがに負担が増してしまうものです。

 

なので、サブPCを用意し、それぞれを用途別に使い分けるのが理想的な形だとは思うのですが・・。パソコンがいかに安くなってきたとはいえ、そう簡単には二台目を購入することはできませんよね。

 

そこでぜひともお勧めしたいのが、スティックPCであります。スティックPCというのは、手のひらサイズのパソコンのことで、USB接続すれば、テレビをディスプレイとして使用する事が出来るのです。コレが結構優れモノでして、手の平サイズという非常にコンパクトな形状ながらパワーは申し分なく、ネット検索や動画視聴といった程度なら、十分楽しめることができます。

 

さすがに、動画編集などの重い作業となると少々無理がありますが、前述したように用途別に使い分けることを前提としているならば、全く問題ありませんよね。つまり、メインのパソコンで重い作業をし、スティックPCではネット検索などの軽い作業に特化してしまえばいいのです。

 

あとはそうですねえ、スティックPCを使用するにあたり、キーボードなどの周辺機器は用意しなければなりません。それを踏まえても、通常のパソコン(デスクトップやノート型)を購入するよりかは、かなり手頃だと思いますし、何より持ち運びに便利という点はスティックPCの最大のメリットだと言えるでしょう。

サブPCとしてぜひ導入されてみてはいかがでしょうか。